広告運用・マーケティングの
メソッドがわかる

アフィリエイトのための集客にSNSを活用しよう!SNSがもたらすメリットとは?

アフィリエイトのための集客にSNSを活用しよう!SNSがもたらすメリットとは?

副業でお小遣いを稼ぎたい人に注目を浴びているアフィリエイト。アフィリエイトにはたくさんの種類がありますが、この記事では「SNSアフィリエイト」について詳しく説明していきたいと思います。

SNSアフィリエイトに対して
「そもそも、SNSアフィリエイトどういうもの?」
「アフィリエイトにSNSをどう活用すればいいの?」
といった疑問を抱えている方は多くいらっしゃると思います。

そんな方に向けて、この記事では、SNSアフィリエイトの仕組みなどの基本的な説明をはじめ、アフィリエイトでSNSをどう活用すればいいのかのHOWについて、詳しく解説をしていきたいと思います。
この記事を読んで、効果的にSNSを活用できるようになりましょう!

このブログの監修者

今井 渉平


株式会社FREEDiVE 代表取締役社長 CEO
学生時代に起業企業を経験。その後、広告運用やリクルーティングに従事。SEO業界に転職後はリスティングや解析、アフィリエイト等WEBコンサルティング全般を請け負う。2016年4月に株式会社FREEDiVE(旧Suprizz Infinity株式会社)を設立し、上場を目標に活動をしている。

SNSアフィリエイトとは

結論からお伝えしますと、SNSアフィリエイトとは、「媒体にSNSを用いてアフィリエイトを行う」ことになります。
SNSとアフィリエイトについて、復習も兼ねて、改めて確認をしてみましょう。

【復習】アフィリエイトとは

  • ASP

    ASP
  • アフィリエイター

    アフィリエイター
  • 広告主

    広告主
  • ユーザー

    ユーザー
  • 報酬の支払い

  • 登録

  • 広告依頼
    広告費

    商品・
    サービスの提供

  • 広告の
    クリック

    商品・
    サービスの購入

アフィリエイトとは「成果報酬型の広告」でしたね。

アフィリエイトには、

  • ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ):広告主とアフィリエイターを繋ぐ企業
  • アフィリエイター:アフィリエイト広告を掲載するブログやウェブサイトの運営者
  • 広告主:商品・サービスを拡販することを目的に、アフィリエイト広告の出稿をする企業
  • ユーザー:サイトを訪れ、商品・サービスの購入を行う消費者

の4つが関わっています。

アフィリエイターが成果を獲得するまでの流れとしては、

  1. ホームページやブログに特定の商品・サービスの広告を掲載する
  2. ユーザーがその広告から商品・サービスの購入をすることで、広告主の利益が生まれる
  3. アフィリエイターに成果報酬が送られる

という形でした。
アフィリエイターは、自身のホームページやブログなどにユーザーを集める必要があります。なので、コンテンツを増やすことや、ユーザーを集める工夫をすることが大切になってきますね。

広告主には、広告の運用をすることが求められます。つまり、適材適所で「費用対効果を最適化する」ことが必要となってきます。掲載先やターゲットとなるユーザーをしっかりと見極め、PDCAを回していくことで最適化をしていくのです。
FREEDiVEでは、広告主の方に向けて、ASPと広告主の橋渡し役として、ASP業務フォローや情報補完などのサービスを提供しています。気になった方はぜひお問い合わせください。

SNSとは

SNSとは、「Social Networking Service」の略で、サービスに登録した利用者同士が交流できる場となっています。友人のみならず、同じ趣味などを持つ人同士がコニュニケーションを取ることを可能にしています。
TwitterやInstagramなどが有名ですよね。

アフィリエイトに活用できるSNSの種類

先に、アフィリエイトで活用できるSNSには、どんな種類があるのかを紹介します。
アフィリエイトに活用できるSNSとしては、以下の4つになります。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

それぞれのアフィリエイトの仕組みについて解説をしていきます。

Twitterアフィリエイトの仕組み

  • Twitterアイコン

    投稿

    URL:

    アフィリエイター
  • クリック

    ユーザー

    クリック後、
    購入

  • 広告主

    商品・
    サービス

  • 報酬の支払い

Twitterでのアフィリエイトは、以下の流れに沿って行われます。

  1. アフィリエイターが、商品・サービスの紹介をしたブログ・サイトのURL、もしくは、商品・サービス広告を掲載したツイートを発信する
  2. ツイートを見たユーザーが、URL・広告をクリックする
  3. URL・広告から流入したユーザーが、その後、商品・サービスの購入をする
  4. ツイートをしたアフィリエイターに報酬が渡される

Facebookアフィリエイトの仕組み

  • Facebookアイコン

    投稿

    URL:

    アフィリエイター
  • クリック

    ユーザー

    クリック後、
    購入

  • 広告主

    商品・
    サービス

  • 報酬の支払い

Facebookでのアフィリエイトは、以下の流れに沿って行われます。

  1. アフィリエイターが、商品・サービスの紹介文と広告を掲載した投稿をタイムラインに発信する
  2. 投稿を見たユーザーが、広告をクリックする
  3. 広告から流入したユーザーが、その後、商品・サービスの購入をする
  4. 投稿をしたアフィリエイターに報酬が渡される

Instagramアフィリエイトの仕組み

  • Instagramアイコン

    投稿

    プロフィール

    URL:

    アフィリエイター
  • クリック

    ユーザー

    クリック後、
    購入

  • 広告主

    商品・
    サービス

  • 報酬の支払い

Instagramでのアフィリエイトは、以下の流れに沿って行われます。

  1. ブログやアフィリエイトサイトの制作を行い、広告を掲載する
  2. インスタグラムのプロフィールにブログ、もしくは、アフィリエイトサイトのURLを貼る
  3. 掲載している広告の商品・サービスに関する投稿をする
  4. 投稿に興味を持ったユーザーが、アカウントのプロフィールを閲覧し、URLをクリックする
  5. URから流入したユーザーが、ブログやアフィリエイトサイトを閲覧し、掲載されている広告をクリックする
  6. 広告をクリックしたユーザーが、商品・サービスの購入を行う
  7. アフィリエイターに報酬が渡される

先に紹介した、TwitterとFacebookとの違いは、投稿に広告やURLを直接掲載できない点です。

Youtubeアフィリエイトの仕組み

  • 商品・サービスの紹介動画

    youtubeアイコン

    概要欄

    URL:

    アフィリエイター
  • クリック

    ユーザー

    クリック後、
    購入

  • 広告主

    商品・
    サービス

  • 報酬の支払い

動画系SNSであるYoutubeでのアフィリエイトは、以下の流れに沿って行われます。

  1. Youtube動画内で、商品・サービスの紹介をする
  2. 動画概要欄にアフィリエイト広告のリンクを掲載する
  3. 動画を見たユーザーが、広告をクリックする
  4. 広告をクリックしたユーザーが、商品・サービスの購入を行う
  5. アフィリエイターに報酬が渡される

ここで紹介したSNS以外にも、LINE@などもアフィリエイトに活用できるSNSとなっています。しかし、これからSNSアフィリエイトを始めようしている方にとって、わかりやすく馴染みのあるSNSに絞って紹介をさせていただきました。

【まとめ】SNSアフィリエイトとは

これまで説明をしてきた内容を改めてまとめましょう。

SNSアフィリエイトとは、「SNSを活用したアフィリエイトを行うこと」です。
アフィリエイターが報酬を受け取るまでの流れは、自身のSNSアカウントで商品・サービスの紹介を行い、サイトやブログ、アフィリエイト広告への流入を促します。広告をクリックしたユーザーに、紹介した商品・サービスを購入してもらうことで、広告主から報酬を受け取るという流れになります。

ブログアフィリエイトなどとの違い

アフィリエイトの種類として「ブログアフィリエイト」という言葉を耳にしたことがある方は多くいらっしゃると思います。
SNSアフィリエイトとブログアフィリエイトとの違いはなんでしょうか?

答えは、アフィリエイト広告を掲載する媒体の違いです。
ブログアフィリエイトの場合、Googleなどの検索エンジン上で表示されるブログやサイトにアフィリエイト広告を掲載し、そこからの流入を図ります。一方で、SNSアフィリエイトは、SNSに投稿もしくはアップロードする動画に掲載を関連させて、商品・サービスページへの流入を図ります。

アフィリエイトでのSNS活用術

実際にSNSアフィリエイトを始めようとしたときに、どのようにSNSを活用すればいいのでしょうか?
SNSがもたらしてくれるメリットをもとに考えていきましょう。

SNSがもたらす3つのメリット

アフィリエイターに対してSNSがもたらしてくれるメリットは大きく3つ挙げられます。
メリットは以下の3つです。

  • 集客力・拡散力がある
  • 簡単に始めることができる
  • 収益化までが比較的素早い

集客力・拡散力がある

SNSがもたらすメリットの中で、一番大きな影響を与えてくれるのがこの「集客力・拡散力」の点でしょう。

2020年の7月に株式会社ICT総研が行った調査によると、日本国内におけるSNSの利用者は年々増加しており、2020年末には約8,000万人にも及ぶと考えられています。

また、この記事で取り上げたSNSについての利用率はそれぞれ、

Twitter:38.5%
Facebook:21.7%
Instagram:35.7%
Youtube:23.2%

となっています。
これらのSNSは、個人が発信した情報が多くのユーザーの目に届けることに加え、ユーザーがそれらの情報を拡散することで、さらに多くのユーザーに届ける役割を果たしています。
SNSが日常生活に浸透した今、ユーザーは自分の求めている情報に簡単にアクセスすることが可能になっているのです。

簡単に始めることができる

2つめのメリットは、誰でも始めようと思えば簡単に始めることができる点です。

SNSアフィリエイトを始めるにあたって必ず必要になることは、SNSアカウントの取得と商品・サービス紹介投稿の2つです。場合によっては(Instagramは必須)自身でウェブサイトを作成する必要がありますが、先にお伝えした2つのステップについては、スマホ1台で気軽に行えることですよね。

収益化までが比較的素早い

この記事を作成するうえで、様々なSNSアフィリエイトについてのウェブサイトや個人ブログを調べましたが、ブログアフィリエイトと比べると、SNSアフィリエイトの方が収益を得るまでの期間が短いというコメントを多く見かけます。

ブログアフィリエイトの場合は、自分の記事を上位表示させることから始まります。ですので、ブログを作っても上位表示されるとは限らず、上位表示させるまでに時間がかかってしまうことが多々あります。
一方でSNSアフィリエイトでは、自分の投稿が、所属するコミュニティの人に気付いてもらいやすいため、ユーザーの興味を持ってもらいやすいことから、この差が生まれているのだと思われます。

SNSをどう活用していくか

アフィリエイトにSNSをどう活用していくのがいいのでしょうか。
アフィリエイトでSNSを効果的に活用していくには、SNSを「集客」のためのツールとして利用するのがおすすめになります。

今回紹介したSNSでは、Instagramを除き、投稿に直接商品・サービスのアフィリエイト広告を掲載することが可能です。
しかしながら、1つの投稿で商品・サービスの魅力を全て伝えることは難しいでしょう。なので、自身のウェブサイトやブログへの集客の入り口としてSNSを利用することがSNSを効果的に活用する方法だと考えられます。

そうすることで、たとえ上位表示されていない記事だとしても、SNSからの流入を図ることができ、ユーザーに商品・サービスの魅力を十分に紹介できるような形になります。

SNSアフィリエイトの始め方

では、実際にSNSアフィリエイトを始めようとした場合に、どんな作業が必要となるのでしょうか。
SNSアフィリエイトを始めるにあたって必要となる作業は、以下の4ステップです。

  1. ASPへの登録
  2. 商品広告の決定
  3. ウェブサイト・ブログの作成
  4. SNSで投稿

順を追ってみていきましょう。

①ASPへの登録

まず初めに、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)への登録を済ませましょう。
ASPは、広告主とアフィリエイターをつなげる役割を果たしています。
ASPに登録をすることで、案件の確認ができ、それに応じて自分が紹介する商品・サービスの内容が決まってきます。
ASPは複数存在しますが、基本的には登録・利用料金が無料ですので、気になったものは全て気軽に登録をしていきましょう。

②商品広告の決定

ASPに掲載されている案件から、商品広告の決定をしましょう。この商品広告によって利益はかなり変わってきますので、丁寧に選ぶ必要があります。
商品決定の際に気にするポイントとしては以下のような項目です。

  • 認知度の高さ
  • 実績や受賞歴がある
  • 報酬単価
  • 承認率の高さ(購入後のキャンセルなどが関係)

③ウェブサイト・ブログの作成

商品・サービスについて詳しく説明をしているウェブサイト・ブログの作成をしましょう。

ユーザーは、このウェブサイト・ブログをみて、商品・サービスを購入するかを決めます。SNSを見て商品・サービスに興味を持ったユーザーが、質の低いウェブサイト・ブログのせいで商品・サービスの購入意欲がなくなるなんてことは避けたいですよね。
SNSの投稿を見て気になったユーザーが求めている情報は何かを考え、ユーザーの思考の流れに沿った記事を作成していきます。

ウェブサイト・ブログ内にアフィリエイト広告を掲載することを忘れないようにしてくださいね!

④SNSで投稿

商品・サービスについて簡単に説明をした広告文を、ウェブサイト・ブログのURLと共に投稿しましょう。

ここで大事になることは、商品・サービスに対する興味を持たせることです。
単に、「商品・サービスについて紹介した記事はこちら」という言葉とURLだけを載せるよりも、商品・サービスの特徴や長所について一言述べたうえで、URLへと導いた方が、ユーザーがその商品・サービスに対して抱く興味が大きくなり、URLを押してもらえる可能性が高くなります。

また、普段から商品・サービスについてのレビューなどを呟くことで、ユーザーからの信頼性を高めておくこともできます。URLを載せた投稿をするだけではなく、それ以外にも、ユーザーが必要としている情報を発信してくれるアカウントだと思ってもらえるように、SNSの運用をしていくことが必要です。

SNSアフィリエイトで収益をあげていくためのポイント

SNSを活用したアフィリエイトで収益を上げていくためには、繰り返しPDCAを回していくことがポイントになります。

SNSアフィリエイトでは、紹介する商品・サービスに関するウェブサイト・ブログの作成と、SNSでの投稿をメインに運用していきますが、それぞれについてPDCAを回していくことが必要です。

例えば、あるSNS投稿から流入したユーザーが、ウェブサイト・ブログを通じて商品・サービスの購入をした割合が高いのであれば、その要因はどこにあるのかを考えていきます。
そこで出た仮説をもとに、SNS投稿での文言を変えてみたり、ウェブサイト・ブログのメッセージ性を変えてみたりなど、何度も何度も試行錯誤をしていくことが大切です。

「たまたまいつもより多く成果を上げられたラッキー!」で終わらせるのではなく、なんでそうなったのか?もう一度この成果を上げるためにはどうすればいいのか?という思考を繰り返すことで、継続した利益をもたらしてくれるでしょう。

まとめ

今回は、アフィリエイトの中でもSNSアフィリエイトについて焦点を当てて説明をしてきました。
記事の内容をざっと振り返ると、

  • SNSアフィリエイトとは、TwitterやFacebookなどのSNSを使って商品・サービスの紹介をすることで、ユーザーの購入を促進するアフィリエイトのことである
  • アフィリエイトで効果的にSNSを活用するには、「集客」のためのツールとして利用するのがおすすめである
  • SNSアフィリエイトで収益を上げていくには、継続的なPDCAサイクルを回していくことが重要である

といった内容でした。

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んだ方が、少しでもSNSアフィリエイトについての理解を深める力になれましたら幸いです。

FREEDiVEでは、広告主の方に向けて、ASPと広告主の橋渡し役として、ASP業務フォローや情報補完などのサービスを提供しています。気になった方はぜひお問い合わせください。

ご相談はこちら