広告運用・マーケティングの
メソッドがわかる

なぜ日本はDXが遅れていて、マーケティング力が低下したのか!?

なぜ日本はDXが遅れていて、マーケティング力が低下したのか!?

日本は過去様々なイノベーションを起こしてきました。ソニーのウォークマンなんて画期的でその代表的な例ではないでしょうか。ただ、今ではアップルのiPhoneが主流。また、1989年には世界の企業の時価総額ランキングで日本が10位以内を独占していました。現在では、43位にようやくトヨタ。なぜこうなってしまったのでしょうか。このブログは、経営者やマーケター、就活生へのメッセージです。共感していただいた方は是非一緒に日本を盛り上げていきたいと思いますので、ご連絡お待ちしております。

読む時間がない方はこちらへ↓↓

このブログの著者

安藤 弘樹


株式会社FREEDiVE 取締役 CMO
20代前半から事業を展開し、イベントマーケティングとコンサルティングを学ぶため1年半イベントとBPOの事業を行っている営業・マーケティング部のマネージャーとしてジョインし、新規の売り上げが前年2000万のところ、リード0から2億まで成長させ、FREEDiVEに取締役CMOとしてジョイン。
@KOK1ANDO Youtube

日本のマーケティング力がアメリカに負けている理由

今日お話しする内容は、ズバリ日本のマーケティング力って上がってないよということを説明いたします。

なぜマーケティング力が上がっていないかということを証明できるかと言いますと、

大学時代、皆さんは経済学を勉強した際に、世界の時価総額ランキングというものに必ず触れてきたと思います。

そこで1989年と現在が比較されるんですけれども、1989年というのは、日本企業が世界で時価総額ランキングベストテンで独占していました。

2社か3社程海外の企業で、残りは全部日本の企業なんです。

では「今の世界ランキングを見たらどうなってるの?」といますと、上から下を見渡すとアメリカの企業が強い強い。

では「日本ってどこにいるのかな」と見ていきますと、ようやく42位か43位程の位置にトヨタがいてようやく初めてランクインなんです。

なぜこのような形になってしまったかというと、簡単な話、日本という国は国土が狭いんです。これは就職のイベントで必ずお話しします。日本は本当に国土が狭い。

アメリカを比較してみると、比べ物にならないほど大きいです。

ニューヨークからカリフォルニアまで行くとすると、考えられないほどの時間がかかると思います。

僕がアメリカに旅行に行った際に、ふざけて聞いてみました。
「車でカリフォルニアからニューヨークに行くまでに何日かかりますか?」ってカリフォルニアにいた現地の方に聞いたんです。

聞いてみたら向こうの方は、「what? really?」「意味わからないよ」みたいな顔をしてくるんですよ。なので僕も「え?意味わかんないよ?」みたいな雰囲気になるんですよ。

でも向こうの人は真面目に答えてくれました。

「3days」

車で3日。本当に遠すぎますよね。
「そんなことある?」みたいな。

でもそれがアメリカのスタンダードだったんです。

なのでアメリカという国は、セールスチームというのをほとんど持たず、マーケティングがセールスまでを一貫して行う点が特徴的です。

なので日本のマーケティングが負ける1つ目の理由としては、国土が狭いことが理由に挙げられます。

飲み会だけをしていれば経営者と繋がることができ、実際にその繋がりから受注するので、デジタルマーケティングというものに予算も力もかけてこなかったのです。

なぜなら飲み会1回で1万円を払えば、案件が生まれるのです。
でしたらCPAを1万円以上には置かないですよね。
なのでそのような問題が露呈しました。

アメリカは国土が広いので、デジタルマーケティングじゃないと届かないという理由のため、もともとデジタルマーケティングを行なってました。

結果、世界のマーケットを相手にするというようになった際に、なかなか現地に行けないというハードルをデジタルマーケティングが発達している国は、簡単に乗り越えてきたのです。

「あ、これは自国でやってたから大丈夫でしょ」というように簡単にやってのけてきました。

そして、そのマーケットの広さとシェアの差で時価総額ランキングは決まっているので、FREEDiVEはそのようなマーケティングの課題を解決したいと思い、今僕は事業をしています。

2つ目の理由といたしましては、ゼロ金利政策が理由となり、簡単に融資が受けれることが問題でマーケティング力が弱くなるということになります。

潰れそうな企業にも、それなりにコンサル会社が入り、事業計画を出せば、何かしら融資を受けれる。そして、利率が少ないので借りやすい。

つまり、返済に追われなくなるということになるので、『ゾンビ企業』がすごく多くなります。そのせいでイノベーションが起きにくくなるということは、これは一般論で挙げられています。

ただこの状況を打破するのは実は簡単で、そのような企業を成長させればなんの問題もないわけです。
この問題を解決できる方法こそが、マーケティングの持つ力かなと思います。

マーケティングというと、広告運用とかSEO、わかりやすいところだとSNSとか色々あると思いますが、もっと上流の事業の計画、どのようにグロースするかというところから入り、その上で成長させるということができるのであれば、日本はもう1度GDP上がると思います。

最後にご覧のあなたへ

今日は色々お話しましたが、なぜ日本はマーケティング力が上がってないと言えるかというと、事例が古い。

大学で習うケーススタディって事例が古いですよね。

多分アメリカなどの国ではアップルやグーグルなどの最先端の事例紹介があるでしょう。
しかし日本企業のケーススタディは経営学部の方とかってあまりないと思います。

あったとしても、ソフトバンク・楽天という企業だと思うのですが、テックから見ると、時価総額の世界ランキングが低いことが証明されるDXの遅れ、ゼロ金利政策による企業の成長意欲のなさでイノベーションが生まれないというのが課題だと思います。

このような問題を解決するのが僕のビジョンであるので、ぜひそのような課題感を持っているような方や、共感できる方は一緒に仕事がしたいと思います。

ご相談はこちら