広告運用

既存でご利用されている広告チャネルと相性の良いチャネルのご提案であったり、ヒヤリングさせていただいた上で、貴社に必要な広告手法から総合的な相関関係や各チャネルの用途・目的をご説明の上ご提案させていただきます。

お問い合わせ

POINT1
広告運用は、戦略が全て。

こんな課題感ありませんか。

適切な費用対効果の算出方法がわからない、色々な広告手法を試してみたいけど、自社の商材にマッチするのかわからない。
申込み件数は増えているものの、顧客単価が思う様に上がらないなど。

上記の問題は、それぞれの広告運用手法の設計の根幹が確立していない。というケースが多くございます。

顧客を獲得していくのに適した手法は何か。
リスティングで獲得したリードを、どの様に育成するのか。
自社分析、競合の分析を元に広告運用の根幹から戦略設計いたします。

  • P

    • 競合調査
    • CPO損益分岐点設定
    • ASPの確認
    • キーワード
  • D

    • 1ヶ月の状況確認
    • 提携媒体の確認
  • C

    • 成果地点の見直し
    • 単価の見直し
    • 提携媒体メルマガ
    • リクルーティング
      リスト作成
  • A

    • 提携数UP戦略
    • リクルーティング
      リスト実行
    • 有力媒体への
      直接斡旋
    • 資料作成

POINT2
広告運用は、分析が全て。

こんな課題感ありませんか。

・広告運用が同じことの繰り返しになっている。
・さらに費用対効果をあげたいが、何をすればいいかわからない。

新しい広告チャネルを使う際、なんらかの事情で運用手法を大きく変えていく際、絶対に欠かせないものは「正確な分析」でございます。

自社分析はもちろん、競合他社の分析を行い、どの市場、どのチャネルで、どの様な戦略で戦うべきなのかを導き出すことで、PDCAを回し続けるだけで利益の上がる仕組み作りが可能です。

  • 不毛の市場と呼ばれていた結婚指輪ジャンルにおいて、劇的な売上向上を実現した例

POINT3
広告運用は、PDCA/OODAをいかにして回すか。

こんな課題感ありませんか。

・運用するリソースがそもそも足りない。
・日々のタスクに終われ新しい施策を検討できていない。

商品設計や、マーケティングの設計がどんなに完璧であったとしても、絶えず変化するwebマーケの市場に合わせて、現場ベースで微調整を繰り返し続ける必要がございます。

PDCA/OODAの回転率をあげればその分最適化が進みますので、ツールを用いてのリソースの削減や、仕組みか構造化した運用手法で、誰でもPDCA/OODAを回せる様に設計をいたします。

  • レポート作成業務も代行いたします。

FREEDiVEの広告運用は、
分析・戦略設計・実行のそれぞれの課題を発見し、
その最適解を導き出すサービスです。

web広告に限らず広告運用は、費用対効果を最大化し、クライアント利益を最大化することにあります。
商品戦略や市場戦略のフェーズに合わせ常に最適化し続けることがFEEDiVEの広告運用の真骨頂です。

月次平均120%成長の
完全固定月額型広告運用代行